William Morris カタログ

(ウイリアム モリス)

絵柄をクリックして頂くと、その絵柄のご購入、詳細をご覧いただけます。

(1834~1896)ウィリアム・モリスは、ロンドン郊外の裕福な家庭に生まれ、幼い頃より中世ロマンスに憧れ、自然に囲まれた大邸宅で過ごす中のびやかで牧歌的な感性が養われた。聖職者を志してオックスフォード大学に進むが、当時の新進社会評論家ラスキンの著書に感銘を受け、ラファエル前派の芸術家のバーン・ジョーンズ、ロセッティらと出会い、建築・美術・文学の世界にのめり込み、やがて、自然の樹木や草花などをモチーフにしたテキスタイルデザインで、英国の近代デザインに大きな影響を与えることとなる。彼が新婚生活を送るために建てた「レッドハウス」は、設計から家具、壁紙、カーペット、タペストリーに至るまでモリスと友人達の手によるもので、“世界で最も美しい家”と呼ばれました。これを機に仲間と共に、“芸術と仕事、そして日常生活の統合”という理念を掲げたモリス商会を設立します。1880年代には、モリス商会と同じ理念を持つ工房やアトリエが多く生まれ、1888年に開かれた美術工芸協会の展覧会の名をとって、彼らは「アーツ・アンド・クラフツ運動」と呼ばれるようになる。

ペーパータオル 中 William Morris カタログ

ペーパータオル 小 William Morris カタログ